ホーム

トップページ
使用料
お願い
問い合わせ
入札・契約

トップページ > 使用料 > 下水道使用料改定のお知らせ

下水道使用料改定のお知らせ

平成29年6月1日から下水道使用料が改定されました。

   ※他市の下水道を使用している鶴ヶ島市南町、松ヶ丘、五味ヶ谷の一部地域(富士見ハイツ)は対象外です。



リストマーク 下水道使用料の改定が必要な理由

皆様からいただいた下水道使用料は、処理場や下水道管などの維持管理費や、処理場等建設の際に借り入れた借金の返済などに使われております。
これらの汚水処理にかかる費用は、下水道使用料で賄うことが原則とされておりますが、現状は、使用料収入だけでは賄えず、下の図のように汚水処理費のうち24.2%が構成市(坂戸市及び鶴ヶ島市)からの負担金で賄われております。
皆様の負担の公平化を進めるためにも、また、下水道事業の適正で効果的な運営を安定的に継続するためにも、構成市(坂戸市及び鶴ヶ島市)からの負担金に頼らない経営基盤に改善していく必要があります。
公共下水道を利用されている皆様には大変ご負担をお掛けすることになりますが、今後もより一層の経費節減や経営の合理化など、経営改善に取り組んでまいりますので、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。
図 汚水処理費(21億300万円に占める税金の割合)

詳しくはこちら→下水道使用料について(PDF)


なお、今回の下水道使用料改定に際しては、平成27年度及び平成28年度に諮問した下水道事業運営審議会の答申内容を反映しております。

下水道事業運営審議会について詳しくはこちら→下水道事業運営審議会(新しいウインドウで開きます



リストマーク 下水道使用料改定の主な概要

 ・平均改定率   15.7%
 ・官公署学校用使用料体系の廃止
 ・基本使用水量の廃止
   【改定前】0~10m3/月まで一律の基本使用料800円/月
   【改定後】使用開始に伴い基本使用料800円/月




リストマーク 下水道使用料算定表の比較(1ヵ月につき)

平成29年5月分まで
『改定前』
※税抜
種別 汚水排除量 金額
一般用 基本使用料  10m3まで 800円
超過使用料
(1m3につき)
 10m3を超え 105円
 20m3まで
 20m3を超え 140円
 50m3まで
 50m3を超え 180円
 100m3まで
 100m3を超え 215円
 300m3まで
 300m3を超え 260円
 500㎥まで
500m3を超える分 300円
官公署学校用
(1m3につき)
 100m3まで 85円
 100m3を超える分 170円
公衆浴場用  1m3につき 60円
平成29年6月分から
『改定後』
※税抜
種別 汚水排除量 金額
一般用 基本使用料  基本使用水量
の廃止
800円
従量使用料
(1m3につき)
 10m3まで 5円
 10m3を超え 128円
 20m3まで
 20m3を超え 170円
 50m3まで
 50m3を超え 218円
 100m3まで
 100m3を超え 262円
 300m3まで
300m3を超える分 318円
官公署学校用
(1m3につき)
廃止(一般用へ)
公衆浴場用  1m3につき 60円

※上記使用料算定表で計算した額に消費税等(8%)分を加算します。



下水道使用料は2ヶ月ごとに請求しておりますが、使用料の計算に当っては、2ヶ月分の使用水量が1ヶ月ずつ均等に使用されたものとして計算します。 ただし、2ヶ月分の使用水量が奇数となる場合には、端数となる1m3分は1ヶ月目に使用されたものとしています。

【計算例】
2ヶ月間で39m3使用した場合
(1ヶ月目の使用水量を20m3、2ヶ月目の使用水量を19m3として計算します。)
1ヶ月目{ 800円   + (10m3×5円) + (10m3×128円)} × 1.08  =  2,300円
     {基本使用料 +         従量使用料       } × 消費税等  1円未満切捨て

2ヶ月目{ 800円   + (10m3×5円) + ( 9m3×128円)} × 1.08  =  2,162円
     {基本使用料 +         従量使用料       } × 消費税等  1円未満切捨て

合   計 2,300円  + 2,162円  = 4,462円
       (1ヶ月目)    (2ヶ月目)

下水道使用料 改定前・改定後比較表(一般用・2ヶ月)(PDF)




リストマーク 下水道使用料改定の時期

改定後の下水道使用料(2ヵ月)は、平成29年6月1日以降に算定する下水道使用料(6月検針分)から適用となります。
ただし、平成29年5月1日前から継続して公共下水道を使用している方については次のとおりであり、5月分は現行の下水道使用料が適用となります。
なお、汚水排除量の基となる上水道等メーターの検針は、区域別に偶数月と奇数月に分けて2ヵ月に1回行っています。

○偶数月検針(2ヵ月)の皆様

   平成29年6月検針分は、5-6月分のうち5月分は現行の使用料、6月分は改定後の使用料が適用となります。
   平成29年8月検針分以降は、すべて改定後の使用料が適用となります。

○奇数月検針(2ヵ月)の皆様

   平成29年5月検針分は現行の使用料が適用され、平成29年7月検針分以降から改定後の使用料が適用となります。



下水道使用料に関するお問合せ

   坂戸、鶴ヶ島下水道組合   総務課 総務担当   TEL 049-283-2051
                      業務課 業務担当   TEL 049-288-3361