ホーム

トップページ
使用料
お願い
問い合わせ
入札・契約

トップページ > 公共下水道への接続 > 水洗化相談コーナー

水洗化相談コーナー

公共下水道への切替工事を応援します
公共下水道への切り替え工事をお考えの方のために、平成19年4月より「水洗化相談コーナー」を開設しました。
宅地内の切り替え排水工事など、ご不明な点・ご心配ごと等ございましたら、お気軽にご相談ください。


水洗化相談コーナー
場所:坂戸、鶴ヶ島上下水道合同庁舎 1階 業務課窓口
時間:土曜日、日曜日、祝祭日及び年末年始を除く毎日
問合せ先電話番号  049−288−3361(業務課直通)

なお、日頃皆様からよくお問い合わせいただくご質問とそのお答えを載せていますので、こちらも併せてご覧ください。

<水洗化相談Q&A>

Q1:「水洗化」ってどういう意味ですか?

Q2:水洗化すれば浄化槽はいらないのですか?

Q3:自分の家は水洗化できる区域ですか?

Q4:必ず水洗化しなければならないのですか?

Q5:水洗化の工事にはいくらくらいかかるのですか?

Q6:工事できるような余裕はないのですが・・・。

Q7:公共下水道へ接続するための手順を教えてください。

Q8:工事中はトイレなどが使えないのですか?

Q9:ディスポーザは使用できますか?

Q10:ほかにも知りたいことがあるのですが・・・。






Q1:「水洗化」ってどういう意味ですか?・・・▼

A1:宅地内の排水管(これを「排水設備」と言います)を公共下水道へ接続することを「水洗化」と言います。
浄化槽は公共下水道が整備されるまでの間、汚水を浄化して河川などに放出するための装置です。




Q2:水洗化すれば浄化槽はいらないのですか?・・・▼

A2:はい。いらなくなります。
浄化槽のための維持管理費はかからなくなります。その代わり、使用した水道の量に応じて下水道使用料金がかかります。これは、汚れた水を水処理センターできれいにするためにかかる費用ですので、ご理解願います。

詳しくはこちらをご覧ください。下水道使用料について




Q3:自分の家は水洗化できる区域ですか?・・・▼

A3:下記「公共下水道へ接続できる区域」をご覧ください。
なお、「一部」と書かれた地区にお住まいの方は、窓口までお問い合わせください。

詳しくはこちらをご覧ください。 公共下水道へ接続できる区域





Q4:必ず水洗化しなければならないのですか?・・・▼

A4:下水道法という法律によって、公共下水道の整備された地域にお住まいの方は、水洗化していただくことが義務付けられています。
何とぞご理解いただきますよう、お願いいたします。



Q5:水洗化の工事にはいくらくらいかかるのですか?・・・▼

A5:工事費用は一軒一軒のお宅によって変わってきますので、一概にいくらとは申し上げられません。
一度、複数の指定下水道工事店から見積りを取られることをおすすめします。

詳しくはこちらをご覧ください。 指定下水道工事店一覧





Q6:工事できるような余裕はないのですが?・・・▼

A6:工事費用の貸付制度があります(水洗便所改造資金貸付制度と言います)。
貸付金額は最大40万円。ご返済は36回の分割払いで、無利息です。
この制度をご利用していただければ、月々のご負担も少なくてすみます。

詳しくはこちらをご覧ください。水洗便所改造資金貸付制度



Q7:公共下水道へ接続するための手順を教えてください・・・▼

A7:まずは、指定下水道工事店へ見積りを依頼していただくことから始まります。指定下水道工事店一覧

基本的には、指定下水道工事店がお客様にご説明しますが、手順はこちらをご覧ください。工事手順




Q8:工事中はトイレなどが使えないのですか?・・・▼

A8:実質使えない時間は半日程度です。工事にかかる期間を含めて、お見積りの際などに、指定下水道工事店に確認してください。




Q9:ディスポーザは使用できますか?・・・▼

A9:ディスポーザは、水処理センターでの処理に負担がかかるため、原則として設置は認めておりません。

詳しくはこちらをご覧ください。 ディスポーザの設置にはご注意を




Q10:ほかにも知りたいことがあるのですが?・・・▼

A10:電話でもうけたまわりますが、お時間がございましたら、ぜひ一度下水道組合までお越しください。