下水道組合のこと

下水道組合のこと

あらまし

坂戸市、鶴ヶ島市は従来静かな農村地帯でありましたが、昭和40年代に入り、首都圏45キロメートルという地理的条件から、 今日の都市基盤整備公団等による大規模な住宅団地等の建設が始まり、この建設を契機 として周辺の開発が進み、 その排水処理がますます困難となり河川等の汚濁、雨水による浸水等が懸念されたので、 当時の坂戸町と鶴ヶ島町との協議に基づいて、坂戸都市計画下水道事業を計画し、都市の健全な発展と公衆衛生の向上に寄与し、 公共用水域の水質保全に資するための下水道事業(下水道法第3条第1項及び第26条第1項)を広域的に処理するための 一部事務組合(地方自治法第284条)として、昭和43年2月1日に発足しました。