指定工事店の登録等について

指定工事店の登録等について

指定工事店になるためには

 指定工事店になるためには次の要件を満たしている必要があります。

  1. 埼玉県内に営業所がある者であること
  2. 営業所ごとに、責任技術者として登録を受けた者が1名以上専属している者であること
  3. 工事に必要な機械器具を有する者であること
  4. 次のいずれにも該当しない者であること
    (1)破産手続開始の決定を受けて復権を得ない者
    (2)指定を取消され、その取消しの日から2年を経過しない者
    (3)その業務に関し不正又は不誠実な行為をする恐れがあると認めるに足りる相当の理由が
       ある者
    (4)精神の機能の障害により排水設備等の工事の事業を適正に営むに当たって必要な認知、
       判断及び意思疎通を適切に行うことができない者
    (5)法人であって、その役員が上記(1)から(4)のいずれかに該当する者があるもの

指定工事店の登録をされる方

 新たに、指定工事店として登録を希望される方は、申請を行い指定工事店として指定を受ける必要があります。
申請書の受付等の手続きは業務課で行っております。
 登録手数料として15,000円(新規)、2,000円(更新)がかかります。

必要書類

指定工事店の廃止・休止・再開をされる方

 指定工事店の事業を廃止、休止又は再開する場合は、速やかに「指定工事店廃止等届」を提出してください。
 事業の廃止の届出には、当組合が交付した指定工事店証を添付するようお願いします。

指定の申請内容に変更があったとき

 指定工事店の名称若しくは、所在地又は代表者の氏名(法人にあっては、役員の氏名)、専属する責任技術者の氏名に変更が生じた場合は、速やかに「指定工事店変更届出書」に必要な書類を添えて提出するようお願いします。
 また、指定工事店証の記載内容に変更が生じる場合、「指定工事店証書換え交付申請書」の提出も併せて必要です。
指定工事店証書換え交付手数料として2,000円がかかります。

【注意事項】
・指定工事店証の受取りの際は、指定証受領書が必要となります
・申請及び届出は業務課窓口で受付けます。
※郵送、メールによる申請及び届出は受付けておりません。